代表挨拶

大学生のみなさんは、こんなことを思ったことありませんか。
自分たちは何のために勉強し大学に通っているのか?

学生生活を生きる意味は何か?

就活、知識吸収、学問の探求の為、それとも取り敢えず?
わたしたち大学生が社会に対する働きかけや社会的役割を真剣に考えるべきだということです。
つまり、社会や未来を自分たちの力で変えていこうとすることです。
とても壮大なことかもしれません。

しかし、そのための行動はいたってシンプルです。
日常をただ時間に委ねて過ごすのでなく、有効に時間を活用し、物事を多角的に考え、
目標値を持って行動するということです。
そのために全身全霊を傾ける努力は必要です。

必要なのは他人のためでなく自分自身のために動くという信念です。

純粋に自身のキャリアップと社会人基礎力を備えることで、
社会の不便や理不尽を解消し、その実現のために積極的に自らが社会に働きかけることです。
そのために、共通のビジョンと目的に共感同調する者たちが集まるコミュニティを創り上げたいと思いました。

就活や興味本位の参加ではなく、「本気モードの学生」のみが集まる「知的行動コミュニティサイト」を創りあげ、
自分たちの知識と行動力で社会や未来をより良いものに変えて行きます。

本コミュニティサイトを構築運営することで、多くの共通の意思ある仲間が集まり、
大学生がより社会とのより深い関係性を深め、大学生の新たなポジションを築きたいのです。
このコミュニティが生み出す新たなプロジェクトの拡がりの中で、斬新なアイデアや発想が生まれ、
未来を変えるような夢のプロジェクトを創生し社会で現実化させること、それこそが私たちの究極の目標なのです。

 

『ガクビズ』のミッションは、
学生間のネットワークで社会に寄与することです。
私たちは、必ず社会に劇的な変化を持たらします。

 

商品開発・技術改良&開発
スタートアップ・イノベーション創造
地域活性化・コミュニティ創生
社会貢献事業・教育支援事業
等のプロジェクト開発を行うことで社会に寄与し貢献し、私たち大学生の存在の意義を証明します。

意志ある大学生、院生、短大生、高専生であれば、大学、学部、学科、成績、性別、国籍を問いません。
私たち大学生が社会を変えていけることを、
みんなで一緒に行動し実証して行きましょう。

 

あなたの参加を心よりお待ちしています。

 

“GAKU-Biz Combinator”=ガクビズ
大学生未来開発プロジェクト事務局

◆プロジェクト開発本部代表
慶應義塾大学医学部  服部 俊佑

◆プロジェクト運営本部代表
中央大学法学部  村上 駿介