Why?

僕たちが未来を変えて行く。

無関心、ゆとり世代なんて大人や社会はコケにするのが僕らの世代。

でも、社会や経済に働きかけ、世の中の不満や不便を解消したいと思っている学生はいっぱいいるはず。

その思いや意思を、行動で示す。

技術や知識やアイデアがあるのにその先を行くための手立てや助けがないために、

毎日、多くの企業や才能が見捨てられ埋没していく。

それは、社会や未来の豊かさを捨てることに等しい。

私たちは、名もないけれど、一生懸命な企業や人間の生き方に共鳴する。

生活の不便や不満を解消してくれる夢のあるアイデアや発想で、

企業や地域貢献活動を一生懸命応援したいと思う。

私たち大学生が、みんなと力を合わせて豊かさの何かを創り上げることはきっとできる。

大学生が企業や社会、さらに地域とのビジネスやソーシャルコミュニティ活動を通じて、

学生同志のチーム、あるいは学生チームと企業、研究機関、大学のコラボによる

新規事業、新サービス、新商品開発、技術改良・開発、スタートアップ、地域創世事業が生まれる環境を作ることがガクビズの使命です。

Why?を感じて「思いを共にし行動しよう!」

『ガクビズ』は大学生の学生グループが独自のアイデアや発想で多様な社会や企業と交わり、

新たな出会いを構築し、ゆくゆくはビジネスなり地域貢献活動につなげてゆくことを目指しています。

ガクビズの主体は大学生です。つまり大学生が主役です。

大学生が「ガクビズ」を通じて、何を学び、何を身につけるか、それが目指すべきゴールです。

企画や活動を通じて社会の多様な組織や人間と交わり、

その中で大学とは異なる独自の新たな学びが展開する。

「ガクビズ」の存在の意義は、まさにここにあります。

「ガクビズ」は大学生の理系文系の専門知識を応用し社会や企業に貢献し社会人基礎力を備えること、

また、異文化や多様性を理解出来る、人間力豊富な学生の交流人材バンクを目指すことにあります。

私たち大学生が社会的役割を真剣に考え、社会や未来を自分たちの力で変えていこうとする意志です。

必要なのは他人のためでなく自分自身のために動くという信念です。

純粋に自身のキャリアップと社会人基礎力を備えることで、

社会の不便や理不尽を解消し、その実現のために積極的に自らが社会に働きかけることです。

「大学生に何ができるか?」

という問いや疑問に、答えを出すための行動を起こしてみませんか?

私たち、大学生にできることはきっとある。

私たちは、必ず社会に劇的な変化を持たらします。

 

 

“GAKU-Biz Combinator ” | ガクビズ 大学生未来開発プロジェクト事務局

◆プロジェクト開発本部代表 慶應義塾大学医学部5年 服部 俊佑 (Shunsuke Hattori)

◆プロジェクト運営本部代表 中央大学法学部3年 村上 駿介(Shunsuke Murakami)

◆プロジェクト技術本部代表  東京理科大学大学院工学研究科修士1年 宮内 佑 (Yu Miyauchi)