一つ、目標やゴールを決めると、その目標のために多くの視野が閉ざされてしまう。

『ガクビズの目標は何ですか?ゴールは?』と聞かれることがあります。

「ガクビズに設定するゴールはない」というのが答えです。

学生の皆様も、今までに多くのゴールを経験したかもしれません。

スポーツ大会で優勝した。

目標の学校に入学した。

でも、それは人生のゴールや目標ではないはずです。

人生のゴールを定めることは重要ですが、目先のゴールはゴールではありません。

ガクビズの経験や挑戦での学びや体験、そして実践で人生のゴールを設定してほしいと思います。

目標が決まると、可能性が狭まり、想像力を閉ざしてしまいます。

決まった道を歩いていけば、創造性もなく、驚きや感動も味わうことはできません。

重要なのは、達成することであり、そして、さらに、多くの可能性を探ることです。

結果は達成点でしかありません、ゴールは遥か彼方にあります。

驚きに充ち溢れる時間こそ、創造性を掻き立て、想像力を閉ざさず、

私たちに勇気と前進を与えてくれます。

人生のゴールを目指して、行動しましょう。

行動こそが全てです。